難しくない個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは加入者が毎月一定額のお金を積立し、積み立てたお金で予め準備されている金融商品で運用を行い、60歳以降に年金としてや一時金としてお金が受け取れるものです。これだけであれば自分で多数ある金融商品の運用を行うのと変わらないと思われるかもしれません。自分で運用を行うことと個人型確定拠出年金に加入して運用を行うこととの最大の違いは税制優遇が受けられるかどうかになります。自分で運用するとき掛金は給与からあらかじめ所得税を払った後のお金を使いますが、個人型確定拠出年金の場合掛金は全額職排除の対象となるため課税されません。つまり掛金分の所得税の節税になります。この他にも個人型確定拠出年金を運用するときは運用益非課税となっています。また年金や一時金として受け取る時も税の排除が受けられます。このような税制優遇があるため自分で運用するよりもお得に行うことが出来るのです。

掛金についてもっと教えて!

個人型確定拠出年金の掛金について詳しく説明していきます。掛金は月5000円以上その後1000円単位でかけることが出来ます。しかしきちんと上限が決められている為無限大に掛金を増やすことが出来るわけではありません。上限は職業によって異なっています。2017年1月から公務員は月12000円、専業主婦は月23000円、自営業は国民年金基金や付加保険料と合わせて合計月68000円が上限です。会社員は企業年金があるかどうかによって上限が異なってきます。企業年金がある場合は企業年金によって上限が異なりますが最大20000円、企業年金なしの場合は月23000円が上限となります。掛金の金額は年1回変更することが出来、掛金の拠出をやめたり、再開したりすることもできます。掛金は自分の状況に合わせて臨機応変に変更できるため気軽に始めることが出来ます。