節税もできる個人型確定拠出年金

小規模企業共済等掛け金控除として所得控除

サラリーマンだとあまり所得税を意識しないかもしれません。給料から天引きされるので、負担の意識がないからでしょう。源泉徴収票を見ると、その年に負担している所得税の額を知るはずです。もしうまくお金を使えば、その税金が減ったり、なくなったりするかもしれません。税金を少しでも減らしたいと思うなら、個人型確定拠出年金の利用を検討してみましょう。所得税の計算では、厚生年金や健康保険などの社会保険料は、全額社会保険料控除として所得控除されます。個人型確定拠出年金に拠出した額は、小規模企業共済等掛け金控除となります。こちらも全額控除できる仕組みです。払った税金が年間の拠出限度額以下であれば、所得税をゼロにできる可能性もあります。

投資として得た利益に所得税が課税されない

資産運用として、株や投資信託、その他に投資をしている人もいるでしょう。通常、資産運用で得られた利益には所得税が課税されます。投資の内容によって異なりますが、総合課税されたり、一律に分離課税されるケースもあります。どちらにしても利益分から一定額が減らされます。同じ投資をするなら、個人型確定拠出年金で行うようにしてみましょう。老後資金を用意するつもりで運用するとき、こちらであれば利益に対して所得税は課税されません。そのまま年金資産として維持ができます。そして再投資も可能です。複利効果で資産を大きくする考えがありますが、課税で減らしながら行うより、非課税で効率よく投資をした方がより大きく増やせる可能性があります。