人生設計を考え直すきっかけに!

個人型確定拠出年金は老後専用の制度

公的な年金だけでは老後の生活が不安と考えている方は多いのではないでしょうか?そこで老後のために資産形成を検討している方におすすめなのが個人型確定拠出年金です。個人型確定拠出年金は様々な税制優遇があり、節税しながら老後の資産を形成することが可能です。
税制優遇がある資産形成には個人型確定拠出年金の他にもNISAや個人年金保険などがありますが、個人型確定拠出年金は老後の資金専用という特徴があります。掛け金を拠出しはじめてから60歳までは原則的に引き出すことができません。そのため、拠出している間の生活に負担がかからない金額を設定しておく必要があります。掛け金は、自営業者や公務員など加入対象者ごとに上限金額が異なるので注意しましょう。

安定した老後の生活のために利用する

個人型確定拠出年金の主体は国民年金基金連合会ですが、実際に手続きや運用の際の窓口は運営管理機関になります。専用の口座はひとつしか作れないため、運営管理機関は手数料や運用する商品などを比較して検討することが大事です。
加入者は専用の口座に掛け金を積み立てて、自らが運用して得た利益が将来受け取ることができる金額に反映されます。運用の成果によっては受け取る金額もアップすることが期待できます。しかし、金融商品の中には元本が保証されていないものもあり、定期預金などの比較的リスクの少ないものと組み合わせるなどの工夫が必要になります。
老後の生活資金が安定していれば、生活設計も変わってきます。長期間にわたって老後の資産形成をしていく個人型確定拠出年金の制度を利用することは、これからの人生設計を見直すきっかけになるのではないでしょうか?