どちらを選ぶ?個人型確定拠出年金と確定個人年金

運用によって大きく増やせるかどうか

年金の仕組みとして、国が用意してくれる公的年金があります。しかし将来生活するのに十分とは言えません。それ以外で年金を作る方法として、これまでは保険会社などが用意する確定個人年金がありました。確定年金なので、拠出額と将来もらえる年金が加入時にわかっています。将来もらえる年金は増やせません。それ以外の方法として、個人型確定拠出年金があります。仕組みは国が用意してくれますが、実際には金融機関で口座を作って自分で運用していきます。拠出額は一定限度内で自由に決められますが、将来もらえる年金はわかりません。うまく運用できれば大きく増やせるかもしれませんし、減らしてしまう可能性もあります。状況に応じて、投資先などの変更が可能です。

拠出額や受ける時の税制優遇を知る

所得がある人は、所得税の支払いをします。所得税の計算の時に、各人の事情に合わせて所得控除があります。所得を減らせるので、その分税金を減らせます。確定個人年金は、拠出金額によって最高4万円まで所得控除が可能です。拠出金額すべてを控除できるわけではありません。個人型確定拠出年金では、拠出した金額すべてを小規模企業共済など掛け金控除として控除ができます。多い人で1年に80万円近くの拠出が可能ですが、拠出した金額すべてを控除に当てられます。受けるときは、一時金と年金とで異なりますが、こちらも税制が異なります。個人型確定拠出年金は、一時金なら退職所得として課税され、年金で受けると公的年金と同じ仕組みで課税されます。